薬剤師の求人の条件で大切な4つのポイント

自分が担当する処方箋の数=負担

もう一つの要素は、自分が担当する処方箋の数です。
これが多くなり過ぎると例えば年収が高くても、負担が大きくなります。
薬局によってやや違いはありますが、1日の処方箋の数は100枚以下が理想的です。
次に大切なポイントは、通勤時間です。
これは意外に見落としてしまうことがあるので、注意しましょう。
通勤時間が長くなり過ぎると、仕事に負担が出てきます。
また残業の後に家に帰るのが億劫になる場合もあります。
通勤時間は30分以内が理想です。
長くても1時間以内にしましょう。
もしこれ以上の通勤時間になるときは、バスや電車で通えるところを選ぶのが良い方法です。
バスや電車を使えば、自分は運転をしないので、肉体的な負担は小さくなります。
自分の家から近い薬剤師求人を探すときは、転職サイトが役に立ちます。
この種のサイトは仕事を条件を指定して、仕事を探せるようになっています。
自分の住んでいる地域や駅の近くといった条件を決めておけば、通勤に便利な職場を簡単に探せます。

薬剤師の平均残業時間は10.3時間 / 自分が担当する処方箋の数=負担 / 人間関係も重要な職場選びのポイント / キャリアアップできる職場を選びましょう